中国、時速4000kmの超音速列車計画

現在、私達一般人が乗ることができる最速の公共交通といえば旅客機です。時速は900km以上なのですが、音速を突破する乗り物は過去に運用されていたものの現在は姿を消しています。一方中国では時速4000kmという陸上では間違いなく最速の列車の開発を目指していると報じられています。

2017年8月30日に湖北省武漢市で開催された第3回中国国際商用航空宇宙首脳会議の中で、 中国航天科工集団公司(CASIC)が「高速飛行列車」を計画していることを明らかにしました。現在計画が進められているイーロン・マスク氏の「Hyperloop(ハイパーループ)」は時速1000kmオーバーでの走行が予定されていますが、CASICが計画する鉄道は最高時速4000kmだとのこと。

GIGAZINE

中国航天科工集団公司(CASIC)とは中国の国有企業で防空ミサイルといった軍事分野から航空宇宙まで国家事業を担っている企業なのですが、先日同社が最高速度は4000kmに達する超音速鉄道の開発計画を発表しています。

記事によるとこの列車は超電導を使用したリニアモーターと減圧された筒内を通過する所謂ハイパーループのような構造をもっており3つの段階で実用化、また計画を達成するとしています。その第一段階では最高速度は1000km/hで地方都市と接続、第二段階では2000km/hで大都市間の輸送を可能とし、第三段階で4000km/hを達成するとのことです。

リニアは当たり前として構造上難しいとされるチューブ内の減圧など開発しなければならない技術も多く具体的に何年後までに開発するのかなどは一切示されていないことやアメリカのイーロン・マスク氏らに対抗するためのだけの内容とも考えられ模型レベルの試作機が登場する程度で実際に運用される可能性はほぼゼロと考えてよさそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。