汚すぎるソウル地下鉄の授乳室、利用者は1箇所あたり1日2人以下

韓国の首都ソウル市を行き交う地下鉄。ここには88箇所の授乳室が設けられているものの平均利用者は1.6人。実はあまりに不衛生で誰も利用したがらないためだと報じられています。

韓国メディア『アジア経済』によるとソウル地下鉄に設けられている合計88箇所の授乳室があるものの劣悪な衛生状態で清掃がまともに行われていないことからほとんど利用者がいないといいます。

엄마들이 외면하는 ‘지하철역 수유실’…위생관리 엉망 – 아시아경제

ソウル地下鉄では10年前から3駅に1つの割合で母親と子供のために授乳室を完備させました。そこにはベビーベッドやおむつ交換台、ソファー、離乳食などを温めることができる電子レンジなどが設置されているものの、電子レンジを開けてみると謎の物体が付着しているなど少なくとも数ヶ月は全く清掃されていない現状が続いているといいます。また取材をしていると男性従業員が授乳室にやってきていきなり扉をあける始末でした。

また一部の授乳室は施錠されている場合があり、利用するには担当者を呼ぶ必要がある他、誰も利用しないためかエアコンなどの空調が切られてるため夏場になると気温が30度を超えるなど衛生面以外の問題も数多くあると指摘しています。

このような施設を設けていることはとても良いことだと思うのですが、なぜその管理をしようとしないのか理解に苦しむところなのですが、そもそもこの施設はある法律により設置されたものだとしているもの衛生基準などは一切設けられてないといいます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。