中国でイナゴ被害発生、一方イナゴを採るため訪れる人も

中国メディアによると、中国の黄海に面する山東省で大量のイナゴが発生する被害が発生したと報じています。一方、食用とされている中国では地方からイナゴを取るため捕獲する人も見られたとのことです。

11日付山東商報などによると、中国山東省●坊市(●はさんずいに「維」)峡山区でイナゴが大量に発生した。農薬の散布で被害の拡大は抑制されたとした。一方で、地元住民は捕虫網などを使ってイナゴの捕獲を始めた。食用にするためだ。遠方からやってくる人も多いという。

被害発生の中心は峡山区太保荘街道南劉家荘村で、イナゴの群れが飛来し始めたのは7日午後だった。

Record China

Record Chinaによると、イナゴ被害が発生したのは今月7日で翌日8日は更にイナゴの量が増える事態になっていたとしています。記事によると原因は干ばつのため近くのダム湖の水位が下り、そこに多くの草が生えたことで結果的にイナゴが大量発生したと考えられています。

Photo:6park.com

これにより67ヘクタールのトウモロコシ畑に被害があったとしており33ヘクタールでは収穫量が3割ほど落ち込むと推定されているそうです。

ただ、山東省を含む北部地域ではイナゴ料理が有名でイナゴを人工的に飼育し販売する業者もいるとしており、報道を知ってか虫取り網を持ち訪れる人も確認されある人は50kgのイナゴを捕まえたと話す人も多いといいます。

ちなみに中国のBtoBサイトでは11日現在、1キログラム当たり52元(約872円)でイナゴが販売されているとのことです。

Photo:6park.com

Photo:6park.com

Photo:6park.com




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。