韓国、70人が離岸流で流される

北陸地方でも梅雨明けとなり日本全国で本格的な夏を迎えていますが、韓国で有名だというビーチで先日、70人あまりが離岸流にのまれ、沖合に流されるという出来事があったと報じられています。

韓国メディア『SBS』によると事故があったのは先月31日、韓国南部釜山にある海雲台海水浴場で海水浴を楽しんでいた70人あまりが離岸流により沖合に流されたとしています。記事によると、事故が発生したのは同日午後で2箇所で突然離岸流が発生したとしています。

이안류 경고에도 해수욕…해운대 안전불감증 ‘아찔’

事故当時、波の高さは2mあり離岸流が発生する可能性が高いとして同海水浴場では4段階で最も高い『避難危険警報』が発令されていたといいます。

海水浴場の判断で遊泳を禁止する措置をとったところ遊泳客や浮き輪をレンタルしている業者から苦情が出始め、119救助隊による遊泳禁止指示を無視して遊泳を続ける客も出始めていたといいます。苦情に耐えきれなくなったことと、離岸流の発生が少なくなったことから警戒活動を強化した上で遊泳を許可していたそうです。
その後、1時間もしないうちに離岸流が発生してしまい70人余りが離岸流にのまれ119救助隊に救助されることになりました。

救助が迅速に行われたこともあり負傷者は出なかったとのことです。事故当時、海水浴場には20万人が訪れていたとされています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。