プーチン大統領の休暇をご覧ください。

プーチン大統領は8月1日~3日、短い休暇がありました。今年はシベリア南部で過ごしたと報じられたのですが、その時撮影された写真や映像が先日公開されました。

北半球では夏を迎えているのですが、服装を見てもわかるように肌寒くプーチン大統領が泳いだ湖の水温はわずか17度前後しかなかったそうです。ちなみに下の写真で一緒に日光浴しているのはショイグ国防相です。

世界的に見てもここまで自然の中で休暇を過ごすトップもすくないと思われるのですが、いつもと違うプーチン大統領の表情にも注目です。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。