SNSに投稿した写真、7割の精度でうつ病診断可能?

ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなど写真を投稿することができるSNSが多くありますが、アメリカ・バーモント大学の研究者は投稿された写真から投稿者の精神状態、特にうつ病かどうかを7割の精度で発見できると報じられています。

Instagramに投稿されている写真から投稿した人物がうつ病なのかそうでないのかを判断する実験が行われました。実験ではAIを使用して70%の精度でInstagramに投稿された写真からうつ状態の人々を特定することに成功しました。これに対して、医師がうつ病を診断した際の成功率は42%とのことで、AIがいかに正確にうつ状態の人々を特定したかがよくわかります。

GIGAZINE

アメリカ・バーモント大学のクリス・ダンフォース教授らはボランティアの被験者を集めインスタグラムに投稿されている写真、合計4万3950枚についてAIによる解析を行なったところ、7割の精度でうつ病を患った経験のある被験者を見つけることができたというものです。調査によると被験者のうち166人のうち過去3年で71人がうつ病と診断されていたとしています。

AIによる解析では投稿された写真の色相、彩度、明度を比較することでうつ病を患った人を見つけ出したといいます。具体的にはうつ病を患っている人は健康な人々よりも平均して青色や灰色が強い傾向があるとしており、そのような加工した写真を投稿しているケースが多いとのことです。

▼うつ病を患っている場合は右側のような色の抜けた写真を投稿する傾向があるとしています。

うつ病か否かについて記事によると医師の診察では的中率が4割になっており正しく診断することが難しいことがうかがえます。一方で写真から精神状態を診断するという普段から写真を撮影している人と制限があるものの、問診と写真という新しいアプローチにより高い診断が可能になるかもしれません。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。