陸上最大の恐竜、パタゴティタンと命名

アルゼンチン、パタゴニアで発掘された陸上最大で新種の草食恐竜についてパタゴティタン・マヨラムと命名されたと報じられています。

白亜紀に生息した巨大恐竜が、新種として学術誌「Proceedings of the Royal Society B」に記載された。新たに付いた名前は、パタゴティタン・マヨラム(Patagotitan mayorum)。首の長い竜脚類のうちティタノサウルス類に属する恐竜で、今からおよそ1億200万年前に、現在の南米アルゼンチンを闊歩していた。

NATIONAL GEOGRAPHIC

パタゴティタン・マヨラムと名付けられた新種の恐竜は2014年、アルゼンチンのチュブ州、パタゴニアで発掘された恐竜です。この恐竜は頭の先から尾の先端までの長さが36.5m以上あり、体重は69トンあったと考えられてます。

この手の恐竜は非常に大型のものがいくつも見つかっているですが、パタゴティタン・マヨラムはその中でも最大であり、現在のところ陸上で生息していた生物としてはその頂点に位置するサイズだったと考えられます。
そのサイズは大腿骨だけで2.4mの大きさがあり骨1つで500kgの重量があるという想像を絶するサイズとなっています。

恐竜の体重については研究により諸説あり多少前後するのですが、何れにしてもクレーン車のような巨大な恐竜が同じ重力の地球上を歩き回っていたということには驚きですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。