キックスターター、ついに日本上陸

アメリカに本社を置く ‎クラウドファンディング大手『キックスターター』は来月13日から日本でのサービス開始を発表しました。キックスターターの利用は銀行口座と身分証があれば誰でも行うことができるそうです。

クラウドファンディングサービスの老舗 Kickstarterの日本版が9月13日にスタートします。日本の銀行口座と身分証でプロジェクトが立ち上げられるようになります。

既報の通り、Kickstarter Japanがはじまることはすでに案内していますが、公開は9月13日になると発表がありました。

Engadget

キックスターターで出資金集めに成功し実際に商品化されたものとしてスマートウォッチのPebble Timeがあります。この時計には日本円で実に22億円の出資が集まっていました。他にはクラーボックスやカードゲーム、PCゲーム、映画などハード・ソフトと多岐に渡っています。

国内でも同様のクラウドファンディングサービスは数多く誕生しているのですが、本場アメリカのキックスターターが上陸するということでこの分野がさらに活気づく可能性が高いと考えられます。ただ、資金提供者つまり一般の私達は仮にキックスターターでのプロジェクトが何らかの理由により失敗・中止となった場合でも資金一切お金は帰ってこないため注意が必要です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。