土星探査機カッシーニ、最後のミッションは土星に突入

1997年に打ち上げられ2004年にようやく土星に到着した探査機カッシーニ。この探査機は現在も運用されているのですが、来月15日探査機は土星の大気圏に落下し運用が終了します。

地球から10億kmも離れた土星を周回し続けているのはNASA及び欧州宇宙機関(ESA)により開発された探査機カッシーニです。最近発表されている土星の研究内容はほぼ全てカッシーニにより観測されたものとなっているのですが、打ち上げから20年が経った今年9月にすべてのミッションを終える予定です。

現在カッシーニはNASAの技術者により土星の大気圏をかすめるような最接近飛行を繰り返しており、100回以上行われた周回飛行も残すところ5回となりました。

今後カッシーは9月9日に衛星タイタンへの接近観測という最後のお別れをし6日後には土星の大気圏へ落下させ最後まで観測を続けながらその役割を終えます。この時、カッシーにすべての装置をONにし地球にデータを送信し続けるとしています。

このような最後を迎える理由について土星の衛星エンケラドスには何らかの地球外生命体がいる可能性が指摘されており、カッシーニが落下することで探査機に付着し生き続けている可能性がある地球由来の微生物で天体を汚染させてしまう恐れがあるため最も確実な方法で処分することになったとしています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。