好きな車の色、男女で正反対

同じ車種でも様々なボディーカラーが用意されている車。カラフルなものから黒、白など無難なものまで様々なのですが、アメリカで行われた調査によると男女が好む色は大きく異なっていることが明らかになりました。

米自動車関連サイト「iSeeCars.com」はこのほど、「性別による自動車の色の好みの違い」をテーマとした最新調査を発表した。調査結果によると、女性は青緑色の車を好み、男性は黄色やオレンジ色の車を好む傾向があるという。

Record China

記事によると、何れもアメリカ国民については女性は青や緑井という『寒色』を好む一方で、男性は黄色やオレンジ色という『暖色』を好む傾向があるといいます。もちろんこの調査では黒や白という色も含まれているのですが、これらの色よりも人気があったとしています。

またボディーカラーにより車両価格が異なることはよく知られているのですが、中古なのか新車なのかは不明なのですがその販売価格は男性が好む色、つまり暖色は女性が好む寒色よりも平均して3257ドル(約35万円)あまり高かったとしています。

このデータは300万台の自動車販売情報に基づいたものだとしており、かなり正確なものだと考えられるのですが、男女で好む色が正反対というのは実に興味深いものがあります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。